ウルシステムズ株式会社 | 転職成功者の声 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > リーベルの強み > 転職成功者の声 > 黒川徳介さん(ウルシステムズ株式会社)

ウルシステムズ株式会社 | 転職成功者の声

お客様が望むシステムを作りたい。志を胸に転職しITアーキテクトを目指す。 | ウルシステムズ株式会社

プロフィール

日本電子専門学校情報処理科を卒業後、ソフトウェアハウスに入社。大手ベンダー研究所の動画配信エンジンの開発などに携わる。大手ベンダー3社が参画する国家プロジェクトのメンバーとなり、約5年間にわたりミドルウェアの開発に従事。その後、転職しウルシステムズに入社。

この企業への求人情報はこちら

ソースコードを書くことが大好きなエンジニアは、大規模プロジェクトの経験を経て、本当に目指すべきは、「お客様が望む、使えるシステムを作ること」だと、気付いた。
ユーザーの立場でシステムを作ることに定評のある企業に転職するまでの軌跡を、リーベル代表の石川が聞いた。

技術の根っこを習得できる環境を選択 大手ベンダーで最高の技術を身に付ける

写真

石川:黒川さんは専門学校に進学されていますね。大学を選ばなかった理由は?

黒川さん:もちろん大学に進むという選択肢もありました。でも、コンピュータの根っこの部分をみっちり勉強して、早く社会に出て働きたいという想いが強かったですね。4年間大学に行くより、2年間専門学校に行って、2年早く働くほうが力が付くと思ったからです。周囲の反対はありましたよ。けれども自分の信念を貫いて専門学校に進み、卒業後はソフトウェアハウスに入社しました。

石川:大きなソフトウェアハウスではなかったですね。

黒川さん:ここでもほかの選択肢はありました。でも、小さいところに入ったほうが、ソースを書いたりする機会が多いだろうし、技術の根っこの部分を身に付けることができると判断しました。

石川:学校も企業も、実践的なスキルを習得できる環境を選ばれているんですね。その会社ではどのような案件を経験しましたか?

黒川さん:新人研修後、いきなり大手ベンダーの研究所に出向となりました。後から聞いたのですが、これは異例のことのようで、私なら厳しい環境に送り込んでもなんとかやっていけるだろうと判断されたようです。映像コーデックや動画配信エンジンの開発、映像配信ソリューションのSIなどに携わり、一気に力を付けることができました。

国家プロジェクトのメンバーへの大抜擢 有能なエンジニアをまとめる大役も経験

写真

石川:その後は国家プロジェクトも経験されたようですね。

黒川さん:国が主導のプロジェクトに大手ベンダーの一員として参加しました。そのプロジェクトは、異なるOS、APサーバ、DBなど異機種混在環境のシステム群を統合的に管理するミドルウェアを開発するもの。大手ベンダー3社が参画し、プロジェクト全体で200名以上もの人が携わる、大規模な案件でした。

石川:大きな仕事のチャンスを与えられたわけですね。

黒川さん:そうですね。面白そうだなという気持ちとともに、それだけ大きな案件でやっていけるのかと不安もありました。特に会議の場は緊張しました。普段は口も聞けないような役職者が50人近く集まるような場でしたから。

石川:その大規模案件でどのような仕事を?

黒川さん:ミドルウェアのコンポーネント開発を担当しました。当初はコーディングが主でしたが、そのうち山ほどドキュメントを書くようになりました。はじめは上の立場の人には、何度もダメ出しされましたね。でも教わりながら繰り返すうちに徐々に形になっていきました。そのうち私がチームをまとめていくことになりました。チームにはベンダー各社から14、5人が参加していたと思います。それをきっかけに大きな会議に出始めたことで、だいぶ力が付きましたし、皆さんにも顔を覚えていただけました。

ITアーキテクトを目指して転職を決意 リーベルのレクチャーを受け進路を絞る

写真

石川:国家プロジェクトで大きく成長されたかと思いますが、その後に転職を決意されましたね。その理由は?

黒川さん:このプロジェクトで、開発したミドルウェアをある大企業に導入する実験があり、私も参加していました。自分が所属するソフトウェアハウスは請負の仕事が多く、こうして直にユーザーと接する機会はほとんどなかったので、とても貴重な経験でした。それが、もっとユーザー寄りの立場で開発をしていきたいと考えるきっかけになりました。ITアーキテクトとして、ユーザーにとって本当に使えるシステムを提案し、導入・運用まで責任を持って対応する。そこにエンジニアとしての価値があると考えたのです。

石川:転職活動はどのように進めましたか?

黒川さん:自分の市場価値が知りたかったので、ネット上で査定依頼をしました。そのとき、いち早く連絡をくださったのがリーベルの石川社長でした。文面も過剰なことを言わず、等身大の自分を評価していただけていると感じられるものでした。他にも様々なエージェントから連絡が来ましたが、石川社長が最も信頼できると思い、お世話になることにしました。

石川:まず私の方から色々と業界や企業について情報提供をさせていただきましたね。

黒川さん:私にはITアーキテクトになりたいという想いがありましたが、それにはどの分野のどの企業が最適なのか、明確な答えはありませんでした。石川社長からは、方向性としてSIerやネットベンチャー、製造業などへの転職が考えられるといったことや、業務知識がほとんどない自分は、20代の今なら採用してくれるが、30代になると厳しくなるということなどを率直に、丁寧に教えていただきました。またエントリーシートでは、あれもこれもではなく、強調したいポイントだけを書くなど、書き方のテクニックも教えていただきました。このレクチャーによって自分を改めて見つめ直すことができました。

石川:私は転職市場を直視し本音でお話をしますので、厳しいとよく言われます(笑)。なぜなら最終的には企業が採用を判断するので、私が甘いことを言っても意味がないと思うからです。その上で、その方の能力がしっかりと伝わるようなお手伝いをするのが私の仕事と思っています。さて、相談の結果、ウルシステムズを第一志望として転職活動を進めることになりました。同社の面接ではどのようなことを聞かれましたか?

黒川さん:最初は志望動機ですね。「使えないシステム」が少なくない中、それを解決し、業界を変えようと挑戦しているウルシステムズの姿勢に共感したこと、ユーザー寄りで仕事をしたいことなどを挙げました。技術的な質問も多かったですね。特に社長や役員からは答えるのが難しい質問ばかりでした。

石川:でも無事内定をもらうことができた。会社はその人の能力だけでなく、企業風土にフィットする人材かどうかも見ています。その点も評価されたのではないでしょうか。

目標は「使えるシステム」を作ること 有能な集団の中で“悔しさ”をバネに成長する

写真

石川:すでに入社して仕事に就きました。ウルシステムズの感想は?

黒川さん:最初は研修の毎日です。技術とコンサルティングに必要なロジカルシンキングのトレーニングが目白押しです。研修終了後は開発部隊で経験を積むことになると思います。まずはスキルを身につけたうえで、徐々にコンサルティングやITアーキテクトといった業務に携わっていくことになるでしょう。

石川:ウルシステムズは技術もビジョンも高い集団です。

黒川さん:コンサルティングをして、システムも開発し、その導入・運営まですべてきっちりと見るのがウルシステムズ。「使えるシステム」を作るために、最初から最後まで責任を持って対応している。しかも、社員数150名くらいのベンチャーながら、大企業に一歩も引くことなく、渡り合っている。そうした会社はほかにはないですね。優秀な人ばかりで確かに厳しい環境だとは思います。引け目を感じることも多いかもしれない。でも、私は今までそうした環境を経験してきたし、ダメ出しをされたときはその“悔しさ”をバネに、乗り越えてきた。今回も負けてられないです。

石川:黒川さんは国家プロジェクトの経験もあり、若いながら物事を俯瞰的に見る能力が高い。新しい環境でもきっと成功すると思いますよ。活躍を願っています。有難うござました。

ライター プロフィール

高橋 学(たかはし・まなぶ)

1969年東京生まれ。幼少期は社会主義全盛のロシアで過ごす。中央大学商学部経営学科卒業後、1994年からフリーライターに。近年注力するジャンルは、ビジネス、キャリア、アート、消費トレンドなど。現在は日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。

◇主な著書
『新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『新版 やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『「場回し」の技術』(光文社)など。

ウルシステムズ株式会社に
興味を持たれた方へ

リーベルの無料転職サービスをご利用ください。IT業界に通じた、リーベルの専任コンサルタントが、あなたの転職活動を無料でサポートいたします。

この企業の求人情報はこちら

まずは無料転職支援サービスのお申し込みから。
キャリアプランのご相談や非公開求人を含むポジションのご紹介、企業ごとの面接対策など、『IT転職のプロ』が、あなたの転職活動をサポートします。

無料転職支援サービスに申し込む

このページのトップへ