転職支援
サービスへ

お申込みは
こちらから

国吉 孝野 国吉 孝野

国吉 孝野

Koya Kuniyoshi

苦労して内定が出た際に、
転職者の方からの感謝がダイレクトに伝わってくる。
ともに頑張ってよかったと心から思います。

PROFILE

大阪大学大学院 生命機能研究科 修士課程を修了後、大手金融機関を経てワークスアプリケーションズに入社。IT企画、開発、保守・運用など幅広い領域に携わる。
IT業界で活躍する未来ある人たちに、その人が最も輝けるキャリアを提供・支援したいと強く思い、リーベルへ入社。自身の幅広い経験を活かしたコンサルティングを行う。

世の中を知るのにより適しているのではと
金融業界からIT業界に転職

大学院修士課程で、生物系の研究を行っていましたが、修了後は、一般企業、とりわけ金融業界への就職を志望。生命保険会社に入社しました。一般企業への就職を決めたのは、大学という限られた世界ではなく、もっと広く世の中を知りたいと思ったから。中でも金融業界は、数多くの資格を取らなければいけないので、勉強もたくさんできるだろうと考えたのです。また正直、その生保会社は大手だったので、入っておけば間違いないだろうというのも理由でしたね。

希望どおり金融業界に就職したにも関わらず、3年後には転職することになります。私には常に「世の中を知りたい」という想いがあるのですが、金融業界よりもIT業界のほうが世の中を知るのに適しているのではないか、と考えるようになったのです。

そこで大手法人向けERPパッケージなどを開発・販売しているワークスアプリケーションズに移りました。当時、同社ではIT業界未経験者でも採用し、プログラミングなどの厳しい研修を行って這い上がってきた者だけを実際の現場に配属する、という方針を採っていたのです。私も何とか這い上がり、ソフトウェアの不具合修正や機能追加などの仕事をしていました。

金融とIT、両業界での経験が活かせるとリーベルへ

金融とIT、
両業界での経験が活かせるとリーベルへ

ところがまた、1年半ほどで転職を考えるようになるんです。少し短かったと反省しているんですが(笑)。プログラミングを学べたことはよかったものの、これからプログラマやSEとしてバリバリやっていくのはちょっと厳しいんじゃないか、と思ったのが理由です。ITの世界に興味があることは間違いないのですが、ゴリゴリの技術寄りのエンジニア以外の形で貢献できる道はないだろうか? と考え始めました。

こうして転職活動を開始。当初は開発とコンサルティングを組み合わせたような、より上流工程のエンジニア職に転職することを考えていたんです。金融業界でお客様と対話しながら仕事をした経験もありましたし、実際、そうしたポジションで内定をもらっていた企業もあったので。しかし、そこに、リーベル代表の田中(祐介)からスカウトメールが届いたんです。

転職コンサルタントという仕事は全く考えたこともなかったのですが、メールの内容が、私の経歴をしっかり読み込んでくれたことが感じられる、とても丁寧な文章だったんですね。なので、一度面接に行ってみようかなと。そこでいろいろお話をするうちに、この仕事なら、お客様と対話した金融業界での経験と、実際に開発を行っていたIT業界での経験の両方活かせるのではないかと感じ、リーベルに入社することを決めました。

自分の意見をぶつけるのではなくまずは支援する人の話をしっかり聞く

自分の意見をぶつけるのではなく
まずは支援する人の話をしっかり聞く

入社後は、コンサルタントとして、転職者の方々のお話を聞いて、そこから希望に沿った転職先企業の提案をしています。私の場合、単に企業をご提案するというよりも、転職後も見据えたその方のキャリアをご提案する、という気持ちで相談に乗るようにしています。

最初のうちは、なかなかうまくいかないこともありましたね。当時、私は、自分の意見をぶつけるような形で、面談をしていたんですよ。「あなたはこういうキャリアに行ったほうがいいですよ!」みたいに。でも、それが合う人ももちろんいますが、合わずに連絡が来なくなる人も結構いたんです。今考えると当たり前ですが(笑)、その時は落ち込みましたね。

そこで、自分の意見をぶつける前に、転職者の方々それぞれの考えや状況をまずじっくり聞いた上で、それに沿った支援をする形に改めました。転職を希望する方は様々な考えを持っているので、初めから自分の意見を押し付けずに、まずは想いをじっくりと聞いてからこちらのご提案をお伝えするべきなんです。文面にしてみると当たり前のことかもしれませんが、私は今もこれを大事にして転職者の方とお話をするようにしています。

企業の人材ニーズから、
業界のトレンドを先んじて知れるのも魅力

こちらからご提案した企業に、全員が全員、受かればいいのですが、残念ながらそんなことはありません。落ちてしまうと、提案した私も申し訳ない気持ちになります。ただ、そこで落ち込んでばかりいても仕方ありません。面接で落ちてしまった場合、次に向けて、その際の質疑応答の内容をご本人から詳細に聞き出して、「こういう質問にはこのように答えたほうがいい」といったアドバイスを、こと細かに行うようにしています。

最近も、3社、4社と続けて落ちて、それでも諦めずに面接の練習などを一緒に続けた結果、最後の最後で希望する会社に内定が決まり、ものすごく感謝していただいたケースがありました。喜びを分かち合えた瞬間は、今でもはっきり覚えています。前職で携わっていた業務でも達成感を感じたことはもちろんありますが、今の仕事だと、その人の人生が決まるというタイミングで貢献ができ、そして感謝も私個人にダイレクトに伝わってくる。それが大きな達成感とやりがい、そして次のご支援へのモチベーションに繋がっています。

また、お客様である企業から「こんな人材が欲しい」というニーズを聞き出すことで、今現在のIT業界のトレンドや、最先端の技術動向を、世間に先んじて知ることができます。このあたりも、「世の中を知りたい」という、私がそもそも持っていた想いにマッチしています。今後もそういった情報を積極的に吸収していき、キャリア相談における付加価値を高めていきたいですね。

優先順位をしっかりつけると転職が成功しやすくなる

優先順位をしっかりつけると
転職が成功しやすくなる

転職にあたり、ワークライフバランス、年収、キャリア、企業ブランドなど、全てを取ることは難しい、というのが私の考え。だから、「自分にとって何が大事か」という優先順位をつけることが必要だと思います。全てを求めると見失ってしまうものも多い。優先順位をしっかりさせることで、中長期的なキャリアも描けるし、転職活動そのものも成功しやすくなります。

IT業界は特に変化が激しい業界です。「この先自分のキャリアはどうなるんだろう」と不安に思われることがあれば、まずは一度、お気軽にご相談にいらしてください。また、転職活動をする中で、なかなか面接を通らない、と悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 私は面接の訓練には特に自信を持っています。面接でお困りでしたら、ぜひ私にお任せいただきたいですね。

転職支援サービスへのお申込み

TOPへ戻る

TOPへ戻る